選挙名簿管理ソフト
桃太郎大作戦、製品紹介 選挙関連情報 企業情報
 

WWW を検索 imoment.net を検索
選挙名簿管理ソフト 選挙名簿管理ソフト 桃太郎大作戦
選挙名簿管理ソフト 桃太郎大作戦
開発コンセプト オリジナル機能 すぐに役立つ書式集 主な処理画面 オプション サポートサービス
必要システム ラインアップ ご購入 カタログ PDF 資料請求
home製品紹介> よくあるご質問
     
 
1 Aシステム と Bシステム の違いは何ですか
2 どの程度のPC知識が必要ですか
3 どのPCで使えるのですか
4 導入・稼動するまでどの位の期間が必要ですか
5 現在利用中データを取り込めますか(移行できますか)
6 電子地図連係システムなどのオプションはいつでも導入できますか
 
7 同選挙区に他の候補者も同じソフトを使っていますか
8 「筆まめ」や「筆王」のようなソフトとの違いは?
9 「勝つため」に必要なデータ構築とは何ですか
安心サポート 操作・運用に関するよくあるお問い合わせを
ご紹介。初めてご利用際、ご参考に!

 
Aシステム と Bシステム の違いは何ですか。  
Aシステムは、特にある企業・団体のご支援を受け、
           ↓
そのご支援者が当該企業・団体のどの部署に所属しているか特定したいような場合、
           ↓
そのデータ整理に有効である「企業・団体等所属メンバー登録」機能があります。Bシステムはこの機能がありません。
(ご参照:導入例)
 
 
どの程度のPC知識が必要ですか。  
Windowsの基本用語(フォルダ・デスクトップ・ショートカットなど)や基礎知識(ファイルのコピー・切り取り・貼り付けなど)をご承知のうえ、マウスと日本語入力ができる方なら、どなたにでもご利用できます。  
 
どのPCで使えるのですか。  
OSがWindows 8.1、8、7、Vista(日本語版)で、標準的なPCであればご利用いただけます。
なお、別途Microsoft Access2000〜2013が必要ですが、これらをお持ちでないとき、Accessランタイム(弊社より無償配布)での運用が可能ですので、ご安心ください。詳しくは、必要システムをご覧下さい。

新規にPCをご購入されるときは、量販店で取り扱いの家庭用PCではなく、OSのみがインスト−ルされたPCにされることを強く推奨します。
私見ですが、DELL社HP社の方が量販店よりも格段に高性能で安いPCを購入することが出来ます。弊社の開発用PCの中心はDELL社製PCです。

また、桃太郎大作戦ではExcelやWordを利用した機能がありますので、Microsoft(R) Office Personal 2007/2010 または、Professional Plus 2007/2010 をプレインスト−ルして頂ければと存じます。

そして、PCは壊れるもの、そして、データ漏洩防止のため、
出力帳票・ファイルやバックアップデータ(バックアップした外付HDやDVD−R媒体)の管理は一番信頼のおける方(例えば候補者本人や候補者の身内の方)が担当する
環境を整えられることを強く推奨します。

 
   
 
導入後、稼動するまでどの位の期間が必要ですか。  
桃太郎大作戦基本システムは、午後3時までにご購入のお申し込みを頂きますと、当日に発送させて頂きますので、翌日または翌々日にはお手元にお届けすることが可能です。
なお、オプション設定があるときは内容によって異なります。
 
基本システムのみ
  ご契約の成立後、翌日または翌々日にお届け。
電話帳データをご希望のとき
  ご契約の成立後、5〜6営業日。
電子住宅地図システムをご希望のとき
  ご契約の成立後、7〜10営業日。
現在ご利用データを移行されるとき
  移行プログラム作成に5〜7営業日。
 
   
 
現在利用中データを取り込めますか(移行できますか)。  
Excelや「筆まめ」や「筆王」などには、Text・CSV形式でファイルを書き出す機能があります。
これを利用しお客様がCSVファイルなどを出力し、
                
桃太郎大作戦メニュー[システムメンテナンス]→[データファイル インポート]から、下記のような一般的情報( インポート可能データ例 )を取り込むことが出来ます。
氏名、フリガナ、家族(4名)、性別、生年月日
携帯電話番号、電子メール
郵便番号、住所、電話番号、紹介者
分類(グループ情報)、支持度・ランク、備考

一般的な情報以外の情報を含んでいる場合は以下の作業を実行し、取り込むこととなります。
(1)

ご使用中のデータをText・CSV形式でファイルに書き出して頂き、その100件程のデータをサンプルとしてお預かりする。

(2) サンプルを参考に弊社がインポートプログラムを作成する。
(3) 作成したインポートプログラムで、お客様がインポート処理を実行して頂く。
この形ですと、お客様のPCからデータが外に出ることなく、 ご安心頂けると考えます。
(インポートプログラム作成に、10日前後のお時間を頂戴します。詳細はお問い合わせ下さい)。

 
   
 
 
電子地図連係システムや電子電話帳データなどのオプションはいつでも導入できますか。  
可能です。
桃太郎大作戦本体システムをご導入後、後援会活動が盛んになったときや、選挙戦が激しく厳しい戦いとなり、事務作業の一層の効率化をさせるときなどに導入して頂くことが可能です。
このときの納期は下記の通りです。
 
電話帳データをご希望のとき
  ご契約の成立後、5〜6営業日。
電子住宅地図システムをご希望のとき
  ご契約の成立後、7〜10営業日。
選挙名簿管理ソフト よくあるご質問
 
同選挙区に他の候補者も同じソフトを使っていますか。  

直販体制で販売し、どのお客様にご利用頂いているかを把握させて頂いておりますので、もし、同選挙区内の、同じ選挙の候補者が極端に重なってきましたら、ご依頼をお断り致します。
また、以下の場合も、ご依頼をお断りすることがあります。
 
電話帳データ」作成のご依頼を受け、既に稼動されている候補者の同選挙区の同じ選挙で、新たに頂く「電話帳データ」作成のご依頼。

たとえ、複数の方が桃太郎大作戦をご利用頂いても、後援会事務所毎の運動方針によって、データ構築が異なり、必ず差別化されますのでご安心下さい。
例えば、
1.
ご紹介者毎のデータに関して、後援会事務所毎にご紹介者が異なるわけですから、構築されるデータも違いができます。
2.
同様に、集会等の催事も、開催日時、開催回数等が後援会事務所毎に異なるわけですから、構築されるデータも違いができます。
主体はあくまでも、後援会事務所様毎の運動方針です。桃太郎大作戦は、後援会事務所様毎の運動方針に沿って、その結果を無駄なく管理し展開するひとつの道具でしかありません。

また、お客様がデータ管理項目を自由に設定することも可能ですが、出力帳票、管理項目の追加など更なるご要望に最大限にお応え致します。
どうぞご遠慮なくお申し付けください。

 
選挙名簿管理ソフト よくあるご質問
「筆まめ」や「筆王」などのような「ハガキ作成ソフト」との違いは何ですか。  
「筆まめ」や「筆王」などはすばらしく完成されたソフトと思います。しかし、後援会活動や選挙運動を支援するためには、少し不向きな点があると思います。不向きな点として、
入力時に電話番号での重複データチェック機能がない。
データインポート機能において、何らのチェックなしに無条件にデータ構築するため、あとで点検作業が必要となる。
ご紹介者毎、各種団体(グループ)毎のデータ管理が制限される。
催事等、集会毎のデータ管理が制限される。
データ検索、抽出機能、並べ替え機能が十分でない。
画像処理の豊富な機能が、逆にデータ処理に負担をかけている。
データ確認表が十分でない。
等が、挙げられます。

データを出力・印刷・抽出する点においても、
「反応’1’」の方のリストアップ
「△△ 様」からご紹介を受けた方のリストアップ
「総決起大会」の参加者のリストアップ
「電話作戦」するので、○○町を住所順にしたリストアップ
○○町の「反応’1’」の方のアイウエオ順のリストアップ
など政治活動に必須の機能がありません。

逆に、桃太郎大作戦には、
物故者・初盆管理機能
個別宛名管理機能
随時宛名プリント機能
町域住所指定機能(町域とは芦屋市公光町のとき公光町を指します)
男性優先宛名プリント機能
など、選挙特有の情報処理に欠かせないオリジナル機能を備えています。

 
  選挙名簿管理ソフト よくあるご質問
 
「勝つため」に必要なデータ構築とは何ですか。  
データ化するものは、該当選挙区を中心に
@

普段からご支援して下さる方。

A まだお会いしたことのない方や、一般的に言う無党派層の方。
の氏名、生年月日、住所、電話番号等のデータを指します。
「勝つ」ためには、@のデータでなくAのデータを如何に多く構築できるかにかかっています。
少し乱暴な表現になりますが、@の普段からご支援下さる方々はきっと投票して頂けるのだから、Aの方々のうち、どの位の方々が投票して頂けるようになるかが、当落を決するからです。
確かに、支援者は大変有り難く、かけがえの無いものです。 しかし、@の方のみをフォローしていると広く分析が出来ないばかりか、 月日が経つと、「後援会の高齢化」が進み、「後援会の勢い」がなくなってしまいます。 「強い候補者」となるには、支援を大きく広げることが大切です。
 
  選挙名簿管理ソフト よくあるご質問
   
   
   
       
当ウェブサイトのご利用にあたって homeへ Contact Us