選挙名簿管理ソフト
桃太郎大作戦、製品紹介 選挙関連情報 企業情報
 

WWW を検索 imoment.net を検索
選挙名簿管理ソフト 地図活用例 選挙名簿管理ソフト 地図活用例 選挙名簿管理ソフト 桃太郎大作戦
選挙名簿管理ソフト 桃太郎大作戦
開発コンセプト オリジナル機能 すぐに役立つ書式集 主な処理画面 オプション サポートサービス
必要システム よくあるご質問 ラインアップ ご購入 カタログ PDF 資料請求
home製品紹介オプション> 電子住宅地図連係システム
 
 ■ 会員データ情報を電子住宅地図上に塗り分け表示します。
   
  桃太郎大作戦には「反応」「ランク」との2つの項目があります。
例えば、「反応」項目に、
  候補者のポスターを張って下さる有力な支援者を
友人・知人をご紹介して下さる有力な支援者を
友人・知人を紹介出来ないが、応援下さる支援者を
逆にライバル候補者の支援者を
「01」 と
「02」 と
「10」 と
「99」 と
「会員データ」に登録・更新すると、「反応」別に色分けして
塗り分け表示します。

このとき、色は自由に設定・変更出来、最大8色に塗り分けます。
(8色より多くなると、色の区別がつきにくくなります)

 
選挙名簿管理ソフト 電子地図
 

同様に、「会員データ」に登録した
 会員を紹介者毎、
あるいは、「集会参加者」情報に登録した
 集会に参加して下さった集会毎に
塗り分けを設定することができます。

   
 ■ 印刷範囲を指定し柔軟な印刷(出力)が可能。「区割り図」形式でも出力可能。
   
 
出力範囲・縮尺・用紙などユーザーが自由に設定し、様々な形式で印刷することができます。
また、クリップボードへの出力も可能ですので、
Microsoft Wordなどにも地図画像を挿入することが
できます。
  ゼンリン社発行「ゼンリン住宅地図」の「区分図」
レイアウトのように印刷できます。
もちろん「区割り図」のある地点を指定すると、
詳細図が連動し、住宅地図を表示します。
 
選挙名簿管理ソフト 電子地図
     
 ■ 電子地図レイヤの行政界線、道路、一般建物の色や線幅を簡単に設定することができます。
 

ディスプレイに地図を表示する、あるいは、地図を印刷するなど用途に合わせ、主な地図レイヤである行政界線、道路、一般建物の色・線種・線幅を簡単に設定することができます。
ユーザーが使いやすいように自由に色や線幅を設定できる電子住宅地図システムならではのとても便利な機能です。

 

 

   
   
 
ディスプレイ上にて作業時は一般建物を「肌色」に塗りつぶし見やすくしています。そして、地図を印刷するときは右図のように簡単に変更できます。         
一般建物の背景を「白」とし、かつ行政界(町域)を分ける線を「太く・青く」することなどにより、現地をまわるとき担当区域をより明確にすることができます。
   
選挙名簿管理ソフト 電子地図
 ■ 「Zmap-TOWNU」電子地図データから、会員データを追加・編集することができます。
   
 

電子住宅地図情報を元に
会員データに新規追加することもできます。

また、 手動連係実行時、会員データと電子住宅地図を
比較し、会員データの住所情報を編集することも
できます。

   
 ■ 電子住宅地図上に会員データの主な情報をラベル表示・印刷することができます。
   
  電子住宅地図上に会員データの主な情報、
[会員番号][会員名][紹介者][電話番号]情報などをラベル表示することができます。

もちろん、表示する情報の選択、
ラベルスタイル・色・大きさなど様々な設定が
可能です。

   
縮尺(1/250〜1/200000、1/10000以上が区割り図表示)、スクロール、回転などを自由に実行できます。
建物情報を変更することができます。
   
 

転居などで居住者が変わったとき、この名称を変更することが可能です。
また、支持度合いが変わり「ランク」項目値が変更すると、自動的に塗り分け色も変更します。
ゼンリン住宅地図(製本されている媒体)では、このように世帯主情報を書き換えたり、一旦塗った色を変更できません。
電子住宅地図ならではの便利な機能です。

   
一般建物・駐車場・一般道路・高速道路など家枠を新たに作成することができます。
   
  空き地に新築された建物の家枠を作成することができます。
上記同様、この機能を利用することにより、毎年のように更新される電子住宅地図を新たに買い換える必要がなくなると考えられます。
   
折れ線、多角形、矩形、円、楕円、同心円、ラベル、ビットマップ、フォルダなどのオブジェクトを追加・作成する
ことができます。
例えば、ポスター掲示場所などを表すために「四角」を描き、これに特定の着色をしたり、街宣車の道順を
直線で結び描くことができます。
距離や面積を計測することもできます。
選挙名簿管理ソフト 電子地図
 
桃太郎大作戦電子住宅地図連係システムは、ゼンリン社の電子地図データ「Zmap-TOWNU」を
利用してます。
桃太郎大作戦でデータ登録した住所情報と、この「Zmap-TOWNU」の住所情報が一致するとき、
「一致している」と 自動的に判断し、マッチング(連係付け)します。

 桃太郎大作戦登録住所情報
連係付ける
 「Zmap-TOWNU」の住所情報
 ●●郡▲▲町1-1
 一致する 
 ●●郡▲▲町1-1

 
自動的にマッチングできない(連係付けられない)データは、下記のようなときです。
 
 番地情報が「1-10」と「1-11」のように単純に異なっている。
「Zmap-TOWNU」の「▲▲町503」に、
同じ「姓(尾崎さんのように)」の複数の情報があり、
どちらの「尾崎さん」か自動的に判断できないとき。
 「▲▲町1-10」との住所情報に、何れか一方が「大字▲▲町1-10」と「大字」表記に
 なっている。
 
「Zmap-TOWNU」住所表示形式に揃えるために、桃太郎大作戦に登録した住所情報を一時的に
置き換えする機能を搭載しています。
桃太郎大作戦で登録・更新した「大字祢宜」を
           
「大字」表記のない「Zmap-TOWNU」の住所形式「禰宜」
に一時置換え、再度自動マッチング処理を実行する機能
を搭載しています。
選挙名簿管理ソフト 電子地図
 
「自動マッチング機能」にて連係付けられる割合は概ね7割から8割前後です。
ここで重要なことは、たとえ8割が一致したとしても、1000件マッチングさせる(連係付ける)データが
あるとき、200件は手作業でマッチング処理を実行しなければなりません。
 
1.
未連係データの近隣を探索し、この近隣を自動的に表示する機能が桃太郎大作戦にあります。
 
2.
「Zmap-TOWNU」電子地図データを元に、未連係データの近隣を検索する画面を表示します。
 
近隣の「番地」を選択できるよう「街区(芦屋市公光町など)」にある番地情報を表示します。
「Zmap-TOWNU」電子地図データから、同じ「街区」にある同じ「姓」を含むデータを表示します。
 
選挙名簿管理ソフト 電子地図

連係システムOCX

178,000円 (ランタイムOCXライセンスを含む。税込価格 192,240円)

AシステムBシステムのスタンドアロンType対応の価格です。
AシステムBシステム本体は含んでおりません。

Zmap-TOWNU
地図データ
電子住宅地図データであるゼンリン社「Zmap-TOWNU」は市区町村単位で価格が異なります。
全国市区町村の約6割が利用端末1台当り 165,000円ですが、面積が大きい、あるいは人口が多い、また「平成の大合併」で合併した地域などでは50万円以上の都市もありますので、詳細は弊社までお問合せください。

「桃太郎大作戦」の機能に合うよう「Zmap-TOWNU」の地図データをフォーマットしなければなりません。地図データご購入は弊社よりお願い申し上げます。

 
安定した動作環境を維持するために、より高スペックのコンピュータを推奨いたします。
 

 導入費用が少し必要ですが、コストパフォ−マンスは極めて高いと考えます。
 なぜなら、

 
@
日々の活動の中で、例えば、支援者宅の周辺地図を探す手間と時間を節約できる。
特に、点在する番地の住居を探すとき、電子住宅地図連係システムの検索メニューを利用すれば、
格段に事務効率を上げることができます。
 
 
A
地図への連係作業をされている方には、格段に作業効率を向上させます。
手作業では、名簿データを100%付きあわせて塗り分けなければなりません。一人でこの作業をすることを仮定した場合、地域によりますが、最低でも1ヶ月はかかると推測されます(人件費約20万円)。
電子住宅地図連係システムでは概ね7〜8割自動的にマッチングが可能(お客様実行環境にて実現)で、残り2〜3割だけを手作業塗り分ければ済むことから、格段に手間と時間、人件費等の費用の節約が可能となります (手動作業時も便利な支援機能があります) 。
また、自動マッチングの際、PCは誤った連係が不可能なため、正確なデータ構築を実現できます。
 
 
B
ゼンリン住宅地図では、複数冊を購入し、使用されていると思いますが、継続使用ではデータが古くなることなどから、最新のデータをお求めの場合は買い替えが必要になります。
電子住宅地図システムでは、世帯データを変更できますので、毎年買い替えする必要はありません。
また、支持度合いに変化があった場合など塗り分けを自動的に変更するほか、「支持度」「紹介者」「後援会催事の参加者」毎に色分けできるなど、電子住宅地図システムならではの簡単で便利な機能が多数あります。
さらに、情報を一元化するため、連係作業に携わるスタッフを最小限に抑えることができ、大切な支援者情報の流出を防ぐことが可能です。

 
C
ゼンリン社が作成されました電子住宅地図データはとても極め細やかです。この高い精度・高い技術力に敬意を表するほかありません。
   
選挙名簿管理ソフト 電子地図
2010年6月30日 テレビ東京 E morning 特集
2009年8月26日 読売新聞 夕刊  FBS(福岡放送)めんたいワイド
 
この情報と製品の仕様は改良のため予告なく追加・変更あるいは削除することがあります。

copyright(C)2007 ZENRIN CO., LTD.(Z13KF第193号)

       
当ウェブサイトのご利用にあたって homeへ Contact Us